ARTICLEワイン記事和訳本記事は著者であるジャンシス・ロビンソンMWから承諾を得て、
Jancisrobinson.com 掲載の無料記事を翻訳したものです。

街路で720名が楽しむディナー 14 Sep 2019

312-1.jpgこのボルゲリに関する記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Bolgheri - the tasting notesも参照のこと。

「代替案はないんです」8月の最終日、夕方の雨の予報を見ながらトスカーナの沿岸にあるこの上なく洗練されたワインの産地、ボルゲリで心配そうに繰り返されたセリフだ。この地のワイン生産者の野心的な計画は、720名ものゲストにボルゲリという原産地呼称設立25周年を祝うためのディナーを提供するというものだった。だが、世界的に有名な古い糸杉がローマ時代のアウレリア街道と呼ばれる海沿いの道から丘の上の村まで続く並木道で開催されるこのディナーだけが、この産地の名をを知らしめたものではない。

イタリアの原産地はDOCと呼ばれるが、そのほとんどはボルゲリよりははるかに長い歴史を持っている。だがボルゲリDOCが他の主要なイタリアの産地と一線を画すには様々な理由がある。そのうち際立ったものの一つであり、今回計画されたディナーとも深い関わりがあるのが生産者間の調和と協力が他のどこよりも見られる点だ。このディナーの日に私が出会った多くのワイン専門家はボルゲリのワイン生産者組合の56名のメンバーに支えられたこの戦略がイタリアのほとんどの産地では、まったくもって不可能であるという点に同意した。対立する派閥が多すぎ、利己的な政治的提案が多すぎ、生産者間で成功しているものとそうでないものの差が大きすぎるからだ。

この協調の理由の一つとして、あるコメンテータが挙げていたのが由緒あるフィレンツェの2大勢力、アンティノリとフレスコバルディがこの地で大きな勢力を持っている点だ。彼らは互いにライバルではあるものの、社会的なコミュニケーション能力は非常に高い。組合が糸杉をシンボルとしていることから企画されたこのディナーに両社が同意すれば、皆がそれに倣うのだ。

もう一つ、ボルゲリが他のイタリアのDOCのほとんどと異なるのはイタリアの固有品種ではなく、赤のボルドーに使われるフランスの品種を主要品種としている点だ。このことはイタリアが独自に引き継いできたブドウ栽培の歴史に熱心な人々にとっては面白みに欠ける一方で、1980年代には最高級のボルドーの赤同様の価格で取引されその価値を証明した、絶大な影響力をもつワイン、サッシカイアに投資してきた海外の投資家たちにとっては非常に面白いものとなった。カベルネ主体のサッシカイアはそれを初めて商品化したアンティノリと親戚関係にあるマルケージ・インチーザ・デッラ・ロケッタのハウスワインとして1970年代中盤に生を受けた。そしてサッシカイア1985は世界で最も有名なワインの一つである。

90年代、2000年代、そして現在も、外部の投資家たちは魅惑的な蜜に群がる蜂のようにボルゲリに引き寄せられている。最も深く根を下ろしているのはアンティノリかもしれないが、そこにはあっという間に多くの人が集まった。アンジェロ・ガヤはイタリアの有名なワイン産地であるピエモンテで最も著名なワイン生産者だが、彼は1996年にボルゲリに自身のワイナリーであるカ・マルカンダを購入した。上質なヴァルポリチェッラの名手アレグリーニが参入したのは2002年。それ以外にも多くの人物が、ワイン作りの経験のないものも含めて、この地にそのワイナリーを(時には非常に小さいものもあるが)所有している。

1980年代、マルケーゼ・ロドヴィコ・アンティノリの個人事業として設立されたオルネライアの経営を2005年にフレスコバルディが引き継いだ(そのうち4分の一はモスコフスカヤというウォッカを作るロシア人の所有だ)。ここ数年、ボルゲリへの投資はアイルランド、ロシア、アルゼンチン、オーストリアなどに由来する。その魅力はこの土地がボルドーに対抗する甘美なワインを生み出すこの土地にあると考えるのはもっともだが、きらきらと光を放つティレニア海がpini marittimi と呼ばれるカサマツの深い緑に縁どられた砂浜と共に多くの畑から望むことができる点も無視しがたいだろう。 エルバ島や、時にはコルシカ島まで遠くに見えることがあるのだから。

ボルゲリは上質なイタリアワインと上質なフランスワインの結びつきを示す数少ない例だ。最近ではアンティノリのカベルネ主体のソライアやフレスコバルディの芳醇なメルロー、マッセートなどがラ・プラース・ドゥ・ボルドーに出展されるフランス以外の上質ワインの中核を担っている。(ボルドーのワイン商たちはボルドーのプリムールに対する興味が失われつつある現状を鑑み、野心的な価格の付けられた海外のワインに注力するようになり、それらを9月の初頭にリリースすることで、毎年夏のバケーション・シーズン前に販売されてきた出来立てのボルドーから得る収入を補っている)。

312-2.jpg

かつてベルヴェデーレと呼ばれ、今はグアド・アル・タッソと呼ばれるアンティノリのワイナリーは中でも非常に強大で、この原産地にある1370ヘクタールにおよび畑のおよそ三分の一を所有している(この面積はボルドーで3つの1級シャトーが存在するポヤックと同じだ)。アンティノリは週末のお祝いムードを堪能できるようマセラティと契約をし、我々ゲストがそれに乗れるよう手配していた。上の写真のマセラティはメインの建物の前に停められており、アルビエラ・アンティノリがカスタマイズしたものだと聞かされた。その車列は土埃をかぶりながら、元々のグアド・アル・タッソの敷地からアンティノリがチンタ・セネーゼ豚を育てている森の奥深くにある会場まで我々60名のゲストを運んだ。そこで我々は、その夜に企画されていたディナーの300mのテーブル程の長さはなかったものの1つの長テーブルでのピクニック・ランチを楽しんだ。

312-3.jpgのサムネイル画像


セミが多かったものの、ランチの間に鳴り響いた不吉な雷鳴をかき消すほどではなかった。「代替案はないんです」私の向かいに座っていたアルベイラ・アンティノリはポーク・ハンバーガーとトマトソースの入った小枝細工のカゴを我々に手渡しながら、空をしかめ面で見上げ、そう打ち明けた。

結局、ボルゲリに代替案は必要なかった。夜は穏やかな天候となったのだ。イタリア、あるいは世界中からのゲストは適切な案内のおかげで8時までには着席し、驚くほど素晴らしい品質の4皿のコース料理が2カ所のテントにあるキッチンからフィレンツェにあるGuido Guidi Ricevimenti のスタッフによって手際よく提供された。非常の多くのワインはテーブルによって異なり、主要な生産者からの提供だった。

312-4.jpg

各テーブルにはブドウ品種の名前が付けられていたが、驚いたことにソーヴィニヨン・ブランやシラー(上の写真)など、ボルゲリとすぐに関連付けられない品種もあった。確かに、オルネライアでは長きにわたりソーヴィニヨン・ブランを栽培しているものの、これはロドヴィコ・アンティノリが個人的にこの品種を好きなためであり、トスカーナ沿岸の温暖な気候がこの切れが良くアロマティックなワインに完璧な環境であるためというわけではない。オルネライア・ビアンコはマールボロやサンセールというよりもナパ・ヴァレーのソーヴィニヨン・ブランに似ている。ボルゲリの白ワインは現在流行のヴェルメンティーノに注力しているが、ボルゲリが本当に有名なのはその赤ワインだ。

他の多くの地域と同様、この地域も年々気温が上がり夏の降水量が減っているため、多くの生産者がそれに対応するため特定の赤ワイン用品種に注目するようになってきた。早熟なメルローは大事に育てられているマッセートですら、ボルゲリの中でも最高の場所では冷却効果のある冷たい海風を有効利用できるにもかかわらず、特に困難に直面している。カベルネ・ソーヴィニヨンもまた、夏が非常に暑かった年は重苦しい味わいになりがちだ。一方香り高いカベルネ・フランは現在多くの生産者のお気に入りで、この地が非常に温かいことから、他のボルドー品種にブレンドするというよりは単一品種のワインとして成立させることができる(下記の価値ある例を参照のこと)。だが注意して欲しい。ボルゲリは決して安くはない。

トスカーナ沿岸部で作られるカベルネ・フランのワイン

Bolgheri
Guado al Tasso, Matarocchio
Il Macchiole, Paleo
Poggio al Tesoro, W Dedicato a Walter
Argentiera, Ventaglio (yet to be released)

Costa Toscana just north of Bolgheri
DueMani

追記として。カベルネ・フランはメルローにフレッシュさを加えるためにマッセートにも今回初めて植えられた。

原文