カテゴリ「Bordeaux」の記事

ボルドー 2014 ~今が正念場か  18 Apr 2015 これはフィナンシャルタイムズに掲載した記事のかなり長いバージョンである。これら若いバレル・サンプルのテイスティング・ノートを450以上含む guide to coverage of this vintageも参照してほしい。 最近ボルドーで過ごした一週間の間にテイスティングした中で唯一の素晴らしいワインは夕方のダイニング・テーブルで飲んだものだった。熟成期間が6か月に満たない2014のワインが並ん... (続きを読む)

ボルドー2013年プリムールへの最後通牒?~TT 13 May 2014 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 2015年4月2日 ボルドーで2014年のプリムールテイスティングが終わりに近づき、ボルドーの人々はイースターの週末の間中値付けの熟考に入るというこのタイミングで、前回のセールス・キャンペーンの際に最大級のワイン業者の一つが発表した以下のコメントを再掲するのが有益だと思い、掲載する。 2014年5月13日 ロン... (続きを読む)

ボルドー 2007~魅惑的と言うには程遠く 28 Mar 2015 この記事の別バージョンがフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。全テイスティング・ノートと2007ヴィンテージに関する2009 reportも参照してほしい。 ここのところ、おそらく2,3年の間だろうか、レストランのワインリストからワインを選ぶ際、その価格設定が強気すぎないと思えるヴィンテージは2007だった。2007の赤も白も、ブルゴーニュは現在飲むのに非常に心地よい。最高級の物を除けば現在... (続きを読む)

10年目のボルドー2005 14 Feb 2015 これはフィナンシャル・タイムズに掲載された記事のロング・バージョンである。完全なテイスティング・ノートは「Bordeaux 2005, 10 years on」を参照してほしい。 70ものパワフルな赤ワインのテイスティングをしてエネルギーをもらうことはそうあることではないが、先日ロンドンの高級ワイン商、ボルドー・インデックスが主催した「2005のボルドー、10年後」は楽しいひと時だった。 現時点で... (続きを読む)

ボルドー2012、引っ込み思案なヴィンテージ~TT 11 Dec 2014 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 2014年12月11日 この記事はフィナンシャルタイムズに2013年4月20日に掲載されたもののロングバージョンである。木曜特別シリーズとして、先日行ったこれらのワインの瓶詰後のテイスティング・ノートを補足する意味で再掲する。 ボルドー2012に関する詳細記事と約450本のテイスティング・ノートも参照してほしい... (続きを読む)

オーブリオン、1521年には1本20.83ポンド 3 Oct 2014 ドメーヌ・クラレンス・ディロンは有名なペサックの1級格付け、シャトー・オーブリオンのオーナーだが、昨年の5月、歴史家たちにある挑戦を仕掛けた。初めてオーブリオンのワインの名前が記されたとされるチャールズ2世のセラーの記録書は1660年のものだが、それから350年を記念し、それより早い16世紀初頭にその名が記載された正当な書類を2つ以上見つけるよう注文したのである。 見つかったもののうち古いものは1... (続きを読む)

フィリピーヌの葬儀 13 Sep 2014 この記事はフィナンシャルタイムズにも掲載されている。また、「A day in the Médoc - 2014」も参照してほしい。 9月の初日、私はワインの街ボルドーからメドックを車で北上していた。多くの観光客がこの美しい晩夏を楽しんでいるのを目にしつつ、彼らを少し気の毒に思わずにはいられなかった。なぜなら今日彼らは美しい石造りのシャトーで著名人たちに会うことはできないだろうし、 シャトーのほとん... (続きを読む)

ボーレガードとバストール・ラモンターニュ買収 4 Jul 2014 ボルドーのヨハン・カステン(Yohan Castaing)が最新のボルドーのシャトー買収のニュースを伝えるようにとつついてきたので掲載する。また、ワインスペクテーターが取り上げたボルドーでここ数年中国人による買収が相次いでいるという注目すべき話題も参考にしてほしい。 ギャラリー・ラファイエットのオーナーであるムーラン家と、ペサックレオニャンにあるシャトー・スミス・オー・ラフィットのカティアール家は... (続きを読む)

1  2  3