ワイン記事和訳

This site is officially approved by Jancis Robinson MW as a Japanese Translation of "free for all" articles (except Syndicated articles) in Jancisrobinson.com.

本サイトはジャンシス・ロビンソン(マスター・オブ・ワイン)から公式な承認を得て、Jancisrobinson.com 無料記事の日本語版として翻訳を掲載しています。
(一部の記事については諸般の事情で掲載しないものがあります)。

サルデーニャ、急速な発展の地 3 Sep 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートについてはRest of Italy assemblage参照のこと。 私のように溶けたチーズ、素晴らしい景色、多すぎない人、安心できる美味しいワインが好きなら、サルデーニャはあなたを待っている。この写真はカリャリでお気に入りの海辺のレストランの一つでのディナーの前、ちょうど日の入りの頃のものだ。 私はこの夏... (続きを読む)

日本、ハイブリッドの居場所のある国 29 Aug 2016 オーストラリア人のデニス・ギャスティンは長きにわたりアジアのワイン生産に興味を持ってきた人物だが、その彼が先月開催された日本ワインコンクール(JWC)に関する以下のレポートを送ってくれた。日本ワイン業界の現状の評価とも言えるだろう。 2003年の初開催以来一度を除いて毎回参加している日本ワインコンクールの審査員を今年もまた務めさせていただいたことを嬉しく感じています。(デニスは後列左から2人目、ハ... (続きを読む)

正しいワイン旅行者になるには 30 Jul 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ワイン・ツーリズムがかつてない盛況をみせ、珍しいワインにはよくあることだが、帰宅して鉛色の空の下で飲んでみたら全く印象が異なるといういたずらがあったとしても(これはワインの嗜好に主観が大きくかかわる例と言えるかもしれない)現地で購入したボトルは購入者にとって特別な意味をもつ。 そこで一年のこの時期に、訪問試飲する際のエチケットを... (続きを読む)

硫黄を減らすということ 23 Jul 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。低硫黄ワインも参照のこと。 今世紀初頭から事実上すべてのワインには「亜硫酸塩を含みます」とラベルに表記されることとなった。その意味は何だろうか? 亜硫酸塩とは硫黄成分の総称で、発酵の自然な産物であり、全く添加をしなくても全てのワインに微量ながら含まれるものだ。形容詞としての「亜硫酸の」という言葉はあまり食欲をそそるものではな... (続きを読む)

1996のシャンパーニュ、その泡は健在か?  16 Jul 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。2006と1996のプレステージ・シャンパーニュのテイスティング・ノートも参照のこと。 ワインの文脈でヴィンテージ・イヤーと言うのは重要だ。その名声を早いうちに得れば、通常その命が尽きるまでそれは彼らに付きまとう。赤のボルドー2001のヴィンテージ、特に右岸のそれは時を経るにつれ間違いなく名声が高まったし、1993のブルゴーニュも... (続きを読む)

あのパリスの審判から40年 9 Jul 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 孫に自分がなぜ有名なのかと聞かれたとき、ワイン・ライターであるスティーブン・スパリエ(Steven Spurrier)は彼にジョージ・M・テイバーの著作、パリスの審判を見せた。彼が1976年5月24日に企画したあの運命的なカリフォルニア・ワインとトップ・フランス・ワインのブラインド・テイスティングの証ともいえる著作だ。 その40... (続きを読む)

マン・オブ・ザ・イヤー、デュブルデュー 2 Jul 2016 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 写真のダイニング・テーブルで、我々はボルドーのワイン業界における30の名士と共に最高に美しい67年が経過したソーテルヌを飲んでいる。シャトー・ドワジー・デーヌの所有者であるピエール・デュブルデュー(Pierre Dubourdieu)は1923年生まれだが、立ち上がり黄金の液体の入ったグラスを掲げ、こう言った。「1949... (続きを読む)

協同組合の努力 25 Jun 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。テイスティング・ノートも参照のこと。 ヨーロッパで作られるワインの約半数は個人や家族ではなく、協同組合が作っている。スペインだけでも約1000、フランスには約700の協同組合がある。基本的にそれらは世界恐慌や第二次世界大戦後の影響から農家が生き残るために結束する必要が生じ作られたものだ。20世紀の間、すなわち質より量に重点が置かれて... (続きを読む)

トーレス~告知広告から生まれる生物多様性  18 Jun 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートも参照のこと。 ミゲル・A・トーレスは彼の地元、バルセロナの奥地にあるペネデスで作った 1970カベルネ・ソーヴィニヨンが 1979年のゴー・ミヨ・オリンピックでシャトー・ラ・ミッション・オーブリオン 1961やシャトー・ラトゥール 1970に勝利し世界で最も有名なワイン生産者となった。(一説にはフラン... (続きを読む)

食事に合うロゼ~世界で最も万能なワイン?  11 Jun 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。美味しそうな写真はサンフランシスコの中華街でワイン・ライターであるランディ・カパローソ(Randy Caparoso)が撮影したものだ。Rosé assemblageのテイスティング・ノートも参照のこと。 フィナンシャル・タイムズの3ページ、ライフ&アートのコーナーに掲載されている「ランチ・ウィズ・フィナンシャル・タイムズ」で食べ... (続きを読む)

2  3  4  5  6