カテゴリ「JancisRobinson」の記事

捉えどころのないMで始まる単語 29 Oct 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 今月初旬のある朝、ウェールズにあるアベリストウィス大学のひげ面の教授は58人のマスター・オブ・ワイン、マスター・オブ・ワイン研修生、そしてワイン愛好家お気に入りの概念を一刀両断に粉砕した。 地質学者であるアレックス・モルトマン(Alex Maltman)が理路整然とわかりやすく力説する通り、畑の地下にあるものとそこから生み... (続きを読む)

サム・ニール~セントラル・オタゴのワイン俳優 22 Oct 2016 この記事の短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 最近ロンドンのザ・クローヴ・クラブで俳優のサム・ニールと交わした会話は普段ワイン生産者と行うそれとは大きく異なっていた。pHやクローンの話は一切ない代わりに、別のテーマがあった 印象的な話題の一つは上半身裸のジュリー・アンドリュースが下半身裸のリーアム・ニーソンと激しく抱擁しているというものだった。(ニールは現在ニーソンのアク... (続きを読む)

旅人をひきつけるポート 15 Oct 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。昨日公開した39の偉大なポートに関する一連のテイスティング・ノートも参照のこと。 有名なポートの一族、シミントンがドウロ川沿いに所有する二つの貯蔵施設、キンタ・ド・ボンフィンとキンタ・ドス・マルヴェドス間を移動するのに、かつてはスピードボートで12分だったのだが、今ではもっと時間がかかる。川を行きかう多くの大型プレジャー・ボートが... (続きを読む)

勢いに乗る日本酒 8 Oct 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートはFine sake - the tasting notes を参照のこと。 ワインの知識のある誰もが、日本酒には少し腰が引ける。多くの米の品種があり、磨き方や水の質によっても異なり、言うまでもなく時間と温度管理などが加わる生産工程がワインよりはるかに複雑だからだ。さらに最高品質のものに至ってはその繊細さのた... (続きを読む)

ハーヴェイに何が起こったか  1 Oct 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。London's great sherry tasting と Sherry galore でのテイスティング・ノートも参照のこと。 言うまでもなく世界で最も独特なワインであり、アンダルシアのヘレスの街周辺のボデガだけで、独自の方法で作られるシェリーの近年の逆境はイリノイ州ディアフィールドに始まったと言えるかもしれない。 そ... (続きを読む)

グルナッシュ・グリ礼賛 24 Sep 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートについてはLanguedoc wines と white Collioures を参照のこと。 現状、白ワインに関して言えば、グレーがいい。非常に面白いワインを生み出す品種に出会っているが、それは白を表すブランで終わる品種でなく、グレーを表すグリで終わる名前のものが多い。ソーヴィニヨン・ブランより柔らか... (続きを読む)

ドイツの白~リースリング以外ならなんでも 17 Sep 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 「1990年代、科学者やアドバイザーはみんな、リースリングを引き抜いてフランス品種を植えるようにと言ったんですよ。」フリードリヒ・グレーベ(Friedrich Groebe;写真は妻のマヌエラと共に)は最近、ライン川のほとりでポテトとソーセージ越しに私にそう言った。 私は毎年開催されるドイツのワイナリーのトップからなる組織VDP... (続きを読む)

ナイティンバー、クリュッグに迫る 10 Sep 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Nyetimber - a Canadian playgroundも参照のこと。 最近はワイン愛好家のほとんどがイギリスのブドウ畑から本格的なスパークリングワイン、シャンパーニュよりも比較的爽快なワインが生み出されることを知っている。文句が出るとしたらその品質ではなく価格だ。イギリスのスパークリングが品質の悪いシャンパーニュよりも... (続きを読む)

サルデーニャ、急速な発展の地 3 Sep 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートについてはRest of Italy assemblage参照のこと。 私のように溶けたチーズ、素晴らしい景色、多すぎない人、安心できる美味しいワインが好きなら、サルデーニャはあなたを待っている。この写真はカリャリでお気に入りの海辺のレストランの一つでのディナーの前、ちょうど日の入りの頃のものだ。 私はこの夏... (続きを読む)

正しいワイン旅行者になるには 30 Jul 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ワイン・ツーリズムがかつてない盛況をみせ、珍しいワインにはよくあることだが、帰宅して鉛色の空の下で飲んでみたら全く印象が異なるといういたずらがあったとしても(これはワインの嗜好に主観が大きくかかわる例と言えるかもしれない)現地で購入したボトルは購入者にとって特別な意味をもつ。 そこで一年のこの時期に、訪問試飲する際のエチケットを... (続きを読む)

2  3  4  5  6