カテゴリ「Chile」の記事

ワインの節約術 12 Mar 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。 中身が伴わないのに価格が高いワインに思いをはせるのは難しいことではないが、私はより楽しい話題、すなわち常に中身に対して安い価格が付けられているワインについて深く論じたいと思う。 ボルドーほど価格と品質の関係がわかりやすい地域がない、という点に異論はない。1級シャトーは高級ブランドとしての地位を確立することに成功し、我々のようなワイ... (続きを読む)

南半球のワイン、アメリカでの立場は 4 Jul 2015 これはフィナンシャル・タイムズに掲載された記事の別バージョンである。 独立記念日の週末は、アメリカの「独立した」思想について思いめぐらすのにいいタイミングだろう。この「独立した」思想とは特定のワインに対する思想を指す。私は2013年の暮れにニューヨークを訪問し、ワイン・ライター仲間が南半球のワインは時代遅れだと言うのを聞いて大きな衝撃を受けた。なんということか。南アメリカ全部??南アフリカも?オー... (続きを読む)

マルベックがアルゼンチンへ伝わった経路は 23 Jun 2015 おそらくアメリカ大陸のヨーロッパ側(というよりもおそらく(訳注;メキシコとアメリカの間を流れる)リオ・グランデより北の地域)では歓迎されないことだと思うが、マルベックはアルゼンチンに伝わるより早くチリに伝わっている。19世紀初頭の独立は土地所有者層に安定をもたらし(彼らは現在でも権力者である)、ヨーロッパを訪れた彼らはフランスワインへの新たな憧れと共に帰国したのである。 チリの権力者たちはフランス... (続きを読む)

チリ対アルゼンチン~大西洋を挟んだ評価の違い~TT 5 Mar 2015 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 2015年3月5日 ジャンシスが最近訪問したチリとアルゼンチンに関する総括記事を受け、2010年時を振り返り、当時との類似点と相違点、その後の大きな変化を知るのも興味深いと考え、2010年9月25日にフィナシャル・タイムズに掲載された記事を再掲する。 南アメリカのテイスティング・ノートについてはこちらを参照のこ... (続きを読む)

新しいチリワイン 21 Feb 2015 これはフィナンシャル・タイムズに掲載された記事のロング・バージョンである。 完全なティスティング・ノートは「Chile's revolutionary new reds」「Chile's fresh whites」「Chile answers back to red bordeaux」を参照してほしい。取扱業者はwine-searcher.com.で探すことができる。 自分のワイン知識に欠けている... (続きを読む)

ワインの好みはどう進化してきたのか~TT 19 Feb 2015 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 2015年2月19日 以下の記事は2001年の年末に公開されたもので、パープル・ページが誕生してすぐのことだ。今週はチリワインの最近の変化について注目してきたので、この国の状況(もちろんワインのスタイルについても)を14年以上前にまとめた記事を再掲するのも面白いと考えた。写真は1940年代にチリのウワソ(訳注:チ... (続きを読む)

チリの有機栽培~TT 21 Aug 2014 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 訳注:本サイトで「木曜特別シリーズ」としているこのシリーズは、過去の記事を再掲するコーナーにもかかわらず多くの読者(英語版の)が最新の記事だと勘違いしてしまうことがあるそうです。そのため原文サイトではタイトルの最初にTTを付けることで過去の記事だとわかりやすくしました。本サイトでもその方針に基づき、TTの文字と... (続きを読む)

1