カテゴリ「Diploma受験生必読」の記事

保管倉庫のセキュリティを強化すべき時 20 Jul 2019 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先週の金曜日、ワイン商タギー・メイヤー(Tuggy Meyer)は自身の54歳の誕生日を祝うために15歳の息子を連れ、ロイヤル・ガーデン・ホテルの最上化にある中華レストランで有名な北京ダックとケンジントン・ガーデンの眺めを楽しんだ。 彼は最近、自身のワイン・ショップであるハンツワース・ワイン(Huntsworth Win... (続きを読む)

謎多きワイン、ノン・ヴィンテージ・シャンパーニュ 13 Jul 2019 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。60本以上に及ぶ現行のノン・ヴィンテージ(NV)シャンパーニュのテイスティング・ノートも参照のこと。 まずはいい知らせだ。シャンパーニュの販売の94%を占めるNVシャンパーニュの品質がこれ以上にないほど良くなってきている。(またもや)気候変動のおかげでシャンパーニュ地方のブドウは近年では未熟なことはほとんどない(最近私が指... (続きを読む)

ラフィットの作る中国ワイン、ついにお披露目 6 Jul 2019 長く待たれていた中国での船出に関するこの記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 シャトー・ラフィットはボルドーの1級シャトーの中で最も有名であり、世界のワインの中でも最も有名なものだと言える。もちろん、世界で最も早いスピードで成長を遂げ、最もブランドに注目し、偽ワインが横行する中国市場で最も知名度が高いことは言うまでもない。 そしてついにそのラフィットが11年もの... (続きを読む)

今こそドイツワインを買うべき時 29 Jun 2019 2018ヴィンテージは完璧な口実を用意してくれる。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。400本以上に及ぶドイツ2018のテイスティング・ノートも参照のこと。 フランス人と結婚している友人が、彼女の誕生パーティのためのワインを選んでほしいと言ってきた。私のおすすめの一つだったアルザスの上質な白ワインは細長いフルート型のボトルが流行ではないという理由で却下された。 そう... (続きを読む)

ボージョレの新世代 22 Jun 2019 ガメイの王国は今、いい流れができているようだ。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ちょうど6年前、私はFrance's wine orphans - Muscadet and Beaujolais という記事の中でこれらのお買い得なワインたちが常に見過ごされ続けてきたために、産地の経済が成り立たなくなりつつあると嘆いた。 ミュスカデの品質と熟成のポテンシャルは大き... (続きを読む)

速度を落とす中国 16 Mar 2019 Image, and figures for the sale of Chateau Junding, courtesy of Decanter.com 中国の現実に光を当てたこの記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートはChinese wine - some of the best を参照のこと。 中国東部にある山東省のシャトー君頂(上写真)... (続きを読む)

イギリスのワイン~その命名は  2 Mar 2019 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 イングランドやウェールズの畑から作られるワインの品質がかつてより高くなってきているのは疑う余地もない。問題はそれを何と呼ぶかであり、できれば単一の名称に統一できた方が良い。 イングリッシュ・ウェルシュ・ワインだとどうも冗長だ。普通に考えられる答えとしては多くの思慮のないコメンテータが使ってきたブリティッシュ・ワインだ。だがこの用... (続きを読む)

空の上のワイン 23 Feb 2019 この飛行機内でのワインに関する記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 1995年、私はブリティッシュ・エアウェイズのワインを選ぶチームに招聘された。その時私は自分がずいぶんと成長したものだと感じた。そのチームのメンバーは世界で最も売れているワイン本の著者であるヒュー・ジョンソン、クリスティーズのワイン部門長であるマイケル・ブロードベント、そして当時アライド・ライオンズで多... (続きを読む)

デュクロ~ 影の立役者 12 Jan 2019 ボルドー・ワイン業界の中心人物に関するこの記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ボルドーのワイン業界はことのほか結束が固い。巨大な売買事業を運営するネゴシアンはワイン商として幾世代に渡ることが多く、シャトーを所有したり、ボルドーのワインを最終的な消費者、多くの場合は投資家の下へ届けるための長い商業ルートの一端を担っていたりする、同様に長い歴史を持つ一族と取引して... (続きを読む)

セシリア・マルドゥーン~推進力の塊 10 Nov 2018 非凡な科学者であり起業家でワインを視野に入れている人物のプロフィール。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 9月に開催される予定だったヴェリ・ヴァン(VeriVin)の取締役会議はメキシコ人のワイン・テイスターでバレーダンサーでもある創業者がブレナム宮殿のサロン・プリヴェで開催されたクラシックカーの審査会に忙しかったため延期しなくてはならなかった。 ヴェリ・ヴァンは... (続きを読む)

1  2  3  4  5