カテゴリ「Diploma受験生必読」の記事

フランスのお買い得は南を狙え 2 Sep 2017 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。2017年夏にテイスティングした100本以上のラングドック・ルーションのワインのテイスティング・ノート、それらのワインがいかによく熟成するかについてはMature Minervois を参照のこと。 1989年、フランスのフラン(存在をご記憶だろうか)が安かった頃、ライアン・エアー(訳注:LCC)ができる前、イギリスのロマ... (続きを読む)

コルクの逆襲 19 Aug 2017 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 今世紀の最初の10年間、多くの人々がポルトガルを中心としたコルク産業の絶滅を危惧していた。スクリューキャップや合成コルクのような代替栓の人気が非常に高まってきたためだ。 問題は驚くほど高いTCAの発生率だった。TCAは天然コルクにおけるコルク汚染のほとんどの原因となる化学物質の略称だ。最近まですべてのコルクはオーク樫の樹... (続きを読む)

ワインを賢く買うには 3 Jun 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。UK wine trade faces up to Brexitも参照のこと。 キム・アンダーソン(Kym Anderson)教授はアデレードを拠点としているが、国際的に知られている功績と言えばこの上なく活動的なアメリカワイン経済学会(American Association of Wine Economists)の共同創立者である... (続きを読む)

シェリー~忘れられた秘宝 27 May 2017 この記事のショートバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先日、古くからの友人でザ・ワールド・アトラス・オブ・ワインの共著者でもあるヒュー・ジョンソンとランチを共にした。彼は数十年振りにヘレスにあるシェリーの街を再訪したのだが、そこを取り巻く景観の変化に衝撃を受け、まだそこから抜け出せないようだった。 ヘレスからもう一つの主要なシェリーの街、サンルカール・デ・バラメーダへ続く道を... (続きを読む)

流通ルートの短縮 6 May 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 その価格からは想像できないかもしれないが、有名ワインの生産者のほとんどが問題を抱えている。 彼らの生み出す自慢のボトルは今や贅沢品の領域であり、間違いなく投資家のターゲットとなっている(偽造品作成者の、という意味もあるがそれはまた別の話だ)。生産者たちが抱える問題とは、彼らのワインを取引に使うのではなく実際に飲もうとする人々を見... (続きを読む)

シャンパーニュ~その泡は失われるのか?  29 Apr 2017 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 長きにわたりシャンパーニュはワインの世界で最も洗練され、最も効果的な広報機関だったと言えよう。消費者はシャンパーニュが、いやシャンパーニュだけが、お祝い事や洗練されたディナー・パーティで社会的に受容される潤滑剤であると信じ込んでいた。 ところが全ては変わった。非常に多くの熱烈なワイン・バイヤーたちはプロセッコを二番目の選... (続きを読む)

インド~ワイン最後の未開の地?  8 Apr 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Indian wine - a progress reportも参照のこと。 そもそもインドのワインが存在すること自体が奇跡だ。まず、その熱帯性気候は、言ってみれば何の助けにもならない。この上ない暑さと何か月にも及ぶモンスーンの雨は、その畑が北半球にあるにもかかわらず、複数回の剪定をすることで南半球の年間サイクルを辿ならなくてはな... (続きを読む)

A Mexican wave of wine 18 Mar 2017 この記事の短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。バハ・カリフォルニアの特徴についてはテイスティング・ノートと詳細をこちらで確認して欲しい。 「こんなの以前はなかったんです!」このフレーズはカリフォルニア南部の沿岸をメキシコに向かって車で向かう間、5分に一回聞かされたものだ。私たちはバハ・カリフォルニアにあるメキシコのワイン産地へ、その名も素晴らしいワイアット・ピーボディ(Wy... (続きを読む)

新しいニュージーランド 4 Mar 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Mainly Martinborough, plus Kumeu River も参照のこと。 不安定な世界情勢は国際的な問題に限ったことではない。現代のワインの世界にもそれは投影され、今まで私が見たこともないほど比喩的にも、文字通りの意味でも流動的だ。時代に従って変化を遂げてきたとは言え、これまでは生産者も消費者もほぼ同じ方向を見... (続きを読む)

チリ~単一栽培の危険性 25 Feb 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートは Mainly Itata を参照のこと。 「我々が始めたのはある種の戦いで、時々映画のブレイブハートを思い起こしますよ。」ため息をつきながらボーヌで経験を積んだワインメーカー、フランソワ・マソック(François Massoc)はチリ南部で最近起こった山火事によって引き起こされた問題について話す。彼のメ... (続きを読む)

1  2  3  4  5