カテゴリ「England」の記事

ひしめきあう独立系ワイン商 5 Nov 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 イギリスの独立系ワイン商によるザ・バンチ(The Bunch)は1993年、ワイン・ショップのジェロボアムを所有するレイトンズ(Laytons)のグラハム・チジー(Graham Chidgey)が提案し、最初のメンバー7軒が共同してイギリスのワイン業界で良心的なイメージを確立しようとしたのが始まりだ。これは当時顧客がプリムールで... (続きを読む)

ナイティンバー、クリュッグに迫る 10 Sep 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Nyetimber - a Canadian playgroundも参照のこと。 最近はワイン愛好家のほとんどがイギリスのブドウ畑から本格的なスパークリングワイン、シャンパーニュよりも比較的爽快なワインが生み出されることを知っている。文句が出るとしたらその品質ではなく価格だ。イギリスのスパークリングが品質の悪いシャンパーニュよりも... (続きを読む)

ワイン業界と金融業界が出会う場所 28 May 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先週はロンドンのクラブの聖地、セント・ジェームズにクラブが初めて開かれてから一世紀という記念すべき週だった。私が67ポール・モールに立ち寄った時、(ここにはくだらない女人禁制はない)、彼らはチームの一員であるギリシャのテリー・カンディリス(Terry Kandylis)が前日に英国ソムリエ・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを... (続きを読む)

イギリスの偉大な冒険 3 Mar 2016 これは今日フィナンシャル・タイムズ・ドットコムに掲載され、土曜にはフィナンシャル・タイムズ紙に掲載される予定の記事のかなり長いバージョンである。 「シャンパーニュの売り上げは減り、イギリスのスパークリングが最終的にシャンパーニュのシェアの半分を乗っ取ることになるだろう。」そう予想するのはイアン・ケレット(Ian Kellett;写真)で、ドレスナー・クラインオート・ベンソンの元マネージング・ディレ... (続きを読む)

お気に入りの華やかな泡 28 Nov 2015 これはフィナンシャル・タイムズに掲載した記事のロング・バージョンである。写真は67ポール・モールでマット・マーティン(Matt Martin)が撮影したものだ。 この華やかな季節、お祝いに飲むスパークリングのお勧めに起こった大きな変化と言えば、最高品質の泡が今やイギリスで作られているという点だろう。 私は常にイギリスのスパークリングの成功を願ってきたが、過去にテイスティングしたものはおおむねよくで... (続きを読む)

1