ワイン記事和訳

This site is officially approved by Jancis Robinson MW as a Japanese Translation of "free for all" articles (except Syndicated articles) in Jancisrobinson.com.

本サイトはジャンシス・ロビンソン(マスター・オブ・ワイン)から公式な承認を得て、Jancisrobinson.com 無料記事の日本語版として翻訳を掲載しています。
(一部の記事については諸般の事情で掲載しないものがあります)。

高いアルコール、低いアルコール 30 May 2020 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。写真のホガースの「ビール街とジン横丁」の現代版と言えようか。 現在のパンデミックは我々に様々なもののあり方を考えるきっかけを与えている。職場、旅行、家族、マスク、そしてアルコールなどがそうだ。四方を壁に囲まれた状態で24時間を過ごしている全ての人にとって、カクテル、ワイン、ビールの時間はこれ以上になくありがたいものであり、熱烈に望... (続きを読む)

雪降る山の魔法 23 May 2020 そこはあなたの知らない、興味深いワイン産地かもしれない。Tumbarumba tastedも参照のこと。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 全ての始まりは先ごろのオーストラリアの深刻な山火事だった。最もひどい影響を受けたのはアデレードヒルズ、南オーストラリアの海岸からほど近いカンガルー・アイランド、そしてメルボルンとシドニーの真ん中に位置する丘にある、その名の響き... (続きを読む)

テイスティングのできない時代16 May 2020 今年は集団で行うワイン・テイスティングの未来に疑問符がつけられる年となった。ワイン・フェアも、プリムールのテイスティングも中止になった。おそらくDWWA(上の写真は2019年にエクセル展覧会センターで撮影されたもので、左から右へサラ・ジェーン・エヴァンスMW、ピーター・リチャーズMW、アンソニー・ローズMW)のようなワイン・アワードも全て中止だろう。では、今後どうなっていくのだろうか?この記事の別... (続きを読む)

ロックダウン用ワイン~赤ワイン編 9 May 2020 最適価格帯と思われる9~20ポンドで入手できる家族経営のワイナリーを中心に選りすぐったワインを紹介しよう。多くはイギリス以外の国でも入手できるだろう。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。白ワイン&ロゼワイン編(和訳)も参照のこと。 イギリスのワイン愛好家が1本7ポンド程度で面白いワインを買えたのはつい先日のことのように感じられる。相次ぐイギリスでのワイン税の増加とポ... (続きを読む)

ロックダウン用ワイン~白ワイン&ロゼワイン編 2 May 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。おすすめの赤は来週掲載予定だ。 レストランで食事をすることができない今、ワイン愛好家たちは自宅でワインを楽しむしかないが、多くのワイン小売店はそこに商機を見出している。 スーパーマーケットのワインの棚が空になっていると言う話も聞く一方、一握りの例外を除き、スーパーマーケットはそのワインの供給源をこれまでに大幅に減らしてきた... (続きを読む)

モンダヴィの子はモンダヴィ 25 Apr 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ワイン界に未来永劫にわたる大きな変化をもたらしたと自負する広報担当者は数多くいるだろう。だが本当にそうと言えるのは一握りだ。カリフォルニア、ナパ・ヴァレーのロバート・モンダヴィはその一人だった。(2003年に書いた個人的な彼との思い出はこちらを参照のこと) 彼は40年をかけ、当時新世界と旧世界と呼ばれていたワインの世界を... (続きを読む)

ナチュラル・ワインの定義 11 Apr 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。この話題について歴史的な観点から議論しているNatural v industrial wineも参照のこと。 個々のところ注目を集めている、できるだけ人的介入をせず作る「ロー・ファイ」なワイン、すなわちナチュラル・ワインは、ある共通の、だがその厳格な定義づけを決して行おうとしない哲学によって結び付いた特定の人々によって作ら... (続きを読む)

ワインの売却 4 Apr 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先週The collecting instinct(和訳)にも書いた通り、収集癖は自分自身の手に負えない量の在庫につながる場合がある。過剰なワインを売却したくなった時、かつてその選択肢は数えるほどしかなかった。すなわち初めはロンドンで、後には世界の国々でも利用可能になったサザビーズかクリスティーズが運営するオークションを... (続きを読む)

収集本能 28 Mar 2020 今週と来週はどんなワインを買うかではなく、どうやってワインを売るかについて書きたいと思う。ワイン商たちは恐らく今、喜んで在庫を増やそうとしているだろうから。この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 収集本能が強い人がワインを本格的に購入し始めると、その多くが(たとえ現在のコロナ・ウィルス禍以前で買い占めが不要だったとしても)消費するのに人生を何度も繰り返さなけれ... (続きを読む)

見過ごしてはならない産地、アンダーソン・ヴァレー 21 Mar 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Anderson Valley - the tasting notesも参照のこと。 独特の方言のあるワイン産地に興味が湧かない理由があろうか?ブーントリングとはウィキペディアによると「現在その言語を話す人の多くが年老いていく反文化主義者」だそうだ。その北限は地元では「深い終わり」として知られており、地質学的な特徴はベアワ... (続きを読む)

1  2  3  4  5