カテゴリ「JancisRobinson」の記事

もっとギリシャのワインを 26 Oct 2019 ギリシャ・ワインの品種およびその素晴らしい品質をほめたたえるこの記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートも参照のこと。 気づいている方もいるかもしれないが、Jancisrobinson.comでは数カ月ごとに愛好家向けのセルフ式のテイスティングをロンドンのキングス・クロスにあるキャラヴァンで開催している。これは利益を得るためではなく、我々が今よりも注目... (続きを読む)

ワインはますます贅沢品に 19 Oct 2019 ワイン愛好家にとってお買い得品を見つけることはますます困難になっている。写真のペンフォールズの最新作は小売価格の設定が1本850ポンドだ。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ワインの価格がどれほど高くなっているか皆さんはお気づきだろうか?ブレグジットに揺れる我々イギリス人はポンド安もあいまってそう気づくのはたやすいだろう。なにしろあまりに多くのワインをユーロ圏から... (続きを読む)

フランスの紙の壁 12 Oct 2019 フランスでワインを造るのが夢?ロンドンにあるザ・サンプラーのジェイミー・ハッチンソンはフランスのお役所仕事こそが越えなければならない大きな壁だと言うことに気づいた。写真は彼の前に立ちはだかる書類のほんの一部であり、この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 10年前、ジェイミーとジェシカのハッチンソン夫妻はたまたまバイヨンヌの生ハム祭りの会場にいた。バスクの衣装に身を包み... (続きを読む)

2019の熱い話題 5 Oct 2019 2019年北半球のヴィンテージに関するこの記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 北半球のすべてのワイナリーは今、最繁忙期を迎えている。2019ヴィンテージとして収穫され、発酵させてワインにするためのブドウが届いたか、これから届く段階であるためだ。 ワインをテイスティングする者なら誰もが、気候変動の影響を認識している。最近テイスティングした2018ロワールのソーヴィニヨン... (続きを読む)

ピンクのシャンパーニュ~今や本格的なワインに 28 Sep 2019 最近テイスティングしたロゼ・シャンパーニュから、今では生産者も消費者もこのカテゴリーを非常に真剣に受け止めていることが伺い知れる。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 マダム・リリー・ボランジェは写真で自転車に乗っている女性で、シャンパーニュをいつ飲むべきかという問いにこれ以上にない名言(いつも、という答えだが非常に巧みな表現)を残した人物だが、ハウスでロゼのシャン... (続きを読む)

2018イギリスの奇跡のヴィンテージ 21 Sep 2019 この記事はイギリスのスティル・ワインに関する一連のテイスティング・ノートと、スージーとピーターによるこのカテゴリーのワインに対するコメントを補うものとして公開する。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 昨夏はワイン・ビジネスにとって非常に好機といえる年だった。これまでにないほど完熟したブドウが記録的な収量で収穫できたのだ。そのため、これまではスティル・ワインがイング... (続きを読む)

街路で720名が楽しむディナー 14 Sep 2019 このボルゲリに関する記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Bolgheri - the tasting notesも参照のこと。 「代替案はないんです」8月の最終日、夕方の雨の予報を見ながらトスカーナの沿岸にあるこの上なく洗練されたワインの産地、ボルゲリで心配そうに繰り返されたセリフだ。この地のワイン生産者の野心的な計画は、720名ものゲストにボルゲリという原産地呼称設立... (続きを読む)

ザ・ワールド・アトラス・オブ・ワイン最新版 7 Sep 2019 最新の愛すべき書籍出版に焦点を置いたこの記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 私が常に尋ねられる質問の一つは「今最も注目の産地はどこですか?」だが、どんな場合でも一つの答えがあることはない。実際のところ、経験上言えるのは地球上のすべての生産者は悪天候による影響さえなければ毎年その品質を向上させているということだ。 現代のワインの品質の高さは言うまでもないことだが、その産... (続きを読む)

クリュ・ブルジョワがお得な理由 27 Jul 2019 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・レポートも参照のこと。 買う価値がある赤のボルドーは必ずしも有名なものである必要はない。もし、(そしてこの点がワイン収集家にとって大きな違いになることもあるが)そのワインを売るのではなく飲もうと考えているのであれば。 ワールド・アトラス・オブ・ワイン(第8版が現在印刷中だ)の中で私のお気に入りの図の一つはボルドーの... (続きを読む)

保管倉庫のセキュリティを強化すべき時 20 Jul 2019 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先週の金曜日、ワイン商タギー・メイヤー(Tuggy Meyer)は自身の54歳の誕生日を祝うために15歳の息子を連れ、ロイヤル・ガーデン・ホテルの最上化にある中華レストランで有名な北京ダックとケンジントン・ガーデンの眺めを楽しんだ。 彼は最近、自身のワイン・ショップであるハンツワース・ワイン(Huntsworth Win... (続きを読む)

1  2  3  4  5