カテゴリ「JancisRobinson」の記事

ガラス瓶はエコじゃない 16 Jan 2021 デイリーに楽しむワインのための容器の選択肢は今や非常に幅広く、そして複雑だ。この記事のはるかに短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 我々ワイン愛好家にとって、地球環境を守る第一歩は空いたボトルを他のごみと分けることだろう。この行為によって良いことをした気分になるのだが、我々のほとんどはその後ガラス瓶に起こることについて驚くほど無知だ。 また、サステイナビリティという観点から... (続きを読む)

冬に飲みたい白ワイン 9 Jan 2021 Photo by [2Ni] on Unsplash. 読者のリクエストに基づいて書いたこの記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 南アフリカやオーストラリアではビーチで日焼けを楽しんでいる頃かもしれないが、北半球にいる我々にとって今は年間で一番寒い時期だ。寒さは赤ワイン愛好家がワインを開けるのは「暖を取るためだ」という口実を与えてくれる。ポート、シャトーヌフ・デュ・パプ... (続きを読む)

ワインの成分表示に大きな進歩 2 Jan 2021 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。写真はアルディのミュスカデのバックラベルだ。これ以上書くことはないように見えるが、まだまだあるのだ。 加工食品に何が含まれているのかについてはあらゆる詳細がラベルに記載されている世の中で、ワインに何が含まれているのか長いこと全く知らされてこなかったのはある意味不思議なことだ。 1980年代、イギリスのワイン業界に私がこの問題を提起... (続きを読む)

2019ブルゴーニュ、買うべきはどれか 21 Nov 2020 (photographs are by Jon Wyand) 先日、不気味なほど静かなコート・ドールで最高級のセラーを巡り私が学んだこと。この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。2019のブルゴーニュについてはこちらの記事も参照のこと。上の写真はセシル・トランブレイで、ジョン・ワイアンドの提供。 ムルソーで最も有名なワイン・セラー、ドメーヌ・コントラフォンに到着... (続きを読む)

女性とワイン~今がその転換期 14 Nov 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 伝統的に男性社会とみなされてきた世界における私の人生についてよく聞かれるが、一言で言えば「快適」だ。 1980年代初頭、とある(業界向けではない)ワイン・テイスティングで「おい、君は上司の代理でテイスティングしに来たのか?」と横柄に質問されたことは今でも思い出す。1970年代後半にワイン業界向けのライターとして働き始めた... (続きを読む)

生まれ変わるグルナッシュ&ガルナッチャ 7 Nov 2020 最高の新星ワインの作り手は誰か?価格帯の幅もかなり大きいが・・・。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先日南オーストラリア、マクラーレンヴェールの今流行のグルナッシュから作られたワインを12本テイスティングし終わったところで、友人のジェームス・ハリデーが1990年に著したオーストラリアン・ワイン・ガイドでグルナッシュについて彼がなんと書いていたのか見てみなくてはと... (続きを読む)

赤ワイン、白ワイン、とブルーカラー 今やワインは男女を問わない飲み物として、ビールに取って代わった。この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ワインという深い穴には多くの謎が潜んでいる。複雑で、しばしば自己満足的な思考回路の飲み物であることもあり、ワインはエリート主義を象徴する飲み物であるという神話もまだ存在する。 だが、それはもはや昔話に過ぎない。少なくともイギリスでは。昨年2000人を対象とし... (続きを読む)

変わりゆくブルゴーニュのカレンダー この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ほとんどの懐に余裕のあるフランス人にとって、夏の休暇は不可侵な存在だ。JancisRobinson.com の読者の多くはコロナ禍のはるか前から、フランスでオフィスも店舗もレストランもみな、8月いっぱいは毎年閉鎖しているのを目にしてきただろう。 一方、フランスのヴィニュロンたちは現在、通年のスケジュールを見直すべき時に来... (続きを読む)

なぜ今南アフリカのワインを買うべきなのか 10 Oct 2020 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートについては South African sizzleを、最近の南アフリカワインについてはこちらのガイドを参照のこと。セレマのワイナリーは上の写真、シモンズバーグの斜面に見える。 新型コロナウィルスの影響が出る前から、南アフリカの経済はトラブル続きだった。現在の失業率は34%で、できうる限りの支援が必要だ。さら... (続きを読む)

2019 - ドイツの突破口となるヴィンテージか  3 Oct 2020 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Germany's 2020 releases - a guide 内、ドイツの2019ヴィンテージに関する幅広いワインのテイスティング・ノートも参照のこと。なお、まだ試飲は続いている。 2019はドイツワインにとって突破口のヴィンテージとなるのだろうか?リースリング嫌いの人々の偏見をぬぐうことができるのだろうか? ドイツを象徴す... (続きを読む)

1  2  3  4  5