カテゴリ「JancisRobinson」の記事

ストッキンガー、ワインメーカーにとってのストラディバリウス 25 Jul 2020 オーストリアの小規模樽生産者はじわじわとその存在感を増している。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。この記事を最後に4週間の休暇に入る。 流行はワインにおける重要な要素だ。ピノグリージョの大流行、それからプロセッコ、ピクプール・ド・ピネ、ペコリーノ・・・(もしかして頭文字がPというのが条件なのだろうか?)。オックスフォード・コンパニオン・トゥ・ワインにはそんな流行の一... (続きを読む)

プリムールの「奇跡」 11 Jul 2020 パンデミックがボルドー2019をいかに直撃し、そして救ったのか。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 Guide to coverage of 2019 bordeauxも参照のこと。上のUGCB社長、ローナン・ラボルドの写真はTayloe & Yandellの提供だ。(UGCB, is pictured above by Taylor & Yand... (続きを読む)

競い合う次世代のシャンパーニュ 4 Jul 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 ドンペリニヨンかクリュッグか。それが問題だ。だが贅沢品ブランドの卓越した所有者、LVMH擁するこの2大プレステージ・シャンパーニュのライバル関係は、シャンパーニュ1本に150ポンドを払う気などさらさらない向きにとっても、見ているだけで面白いだろう。両社どちらも明確な違いを維持する気概に満ちた新しいワインメーカーを迎えてい... (続きを読む)

明日のスター?  27 Jun 2020 ワインはお値打ち品から贅沢品へ、あっという間に姿を変える。今日は未来のカルト・ワインを提案することとしよう。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 1990年代以降、ル・パンとして知られるポムロールのワインはボルドーで最も高価な赤ワイン、ペトリュスと互角の価格をで販売されてきた。ポムロールにあるほんの小さな畑から生み出される若いワインですら、現在では1本3000ポンド... (続きを読む)

色とりどりのワインの才能 20 Jun 2020 今こそ変化の時だ。ワイン業界における才能ある黒人*をもっと正当な評価を受けるべきだし、それを積極的に後押しする必要がある。この問題の解決は長きにわたり先伸ばしにされてきた。そして間違いなく、今まさに望まれている新たなワインの飲み手を増やすことにもつながるだろう。この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている(そしてとあるコメンテーターに「マルクス主義者のたわごと」として... (続きを読む)

機転の利くサヴォワ 6 Jun 2020 この記事の背景として、A wallow in Wink winesも参照のこと。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 サヴォワは次のジュラとなるのだろうか?この疑問はこのウェブサイトのコンセプト、ワインという文脈に乗っていなければ間違いなく意味不明なものだ。だが多くの流行に敏感なワイン愛好家たち、とくにソムリエにとってこれは非常に意味のある問いだ。 フランスの東の国... (続きを読む)

高いアルコール、低いアルコール 30 May 2020 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。写真のホガースの「ビール街とジン横丁」の現代版と言えようか。 現在のパンデミックは我々に様々なもののあり方を考えるきっかけを与えている。職場、旅行、家族、マスク、そしてアルコールなどがそうだ。四方を壁に囲まれた状態で24時間を過ごしている全ての人にとって、カクテル、ワイン、ビールの時間はこれ以上になくありがたいものであり、熱烈に望... (続きを読む)

テイスティングのできない時代16 May 2020 今年は集団で行うワイン・テイスティングの未来に疑問符がつけられる年となった。ワイン・フェアも、プリムールのテイスティングも中止になった。おそらくDWWA(上の写真は2019年にエクセル展覧会センターで撮影されたもので、左から右へサラ・ジェーン・エヴァンスMW、ピーター・リチャーズMW、アンソニー・ローズMW)のようなワイン・アワードも全て中止だろう。では、今後どうなっていくのだろうか?この記事の別... (続きを読む)

ロックダウン用ワイン~赤ワイン編 9 May 2020 最適価格帯と思われる9~20ポンドで入手できる家族経営のワイナリーを中心に選りすぐったワインを紹介しよう。多くはイギリス以外の国でも入手できるだろう。この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。白ワイン&ロゼワイン編(和訳)も参照のこと。 イギリスのワイン愛好家が1本7ポンド程度で面白いワインを買えたのはつい先日のことのように感じられる。相次ぐイギリスでのワイン税の増加とポ... (続きを読む)

ロックダウン用ワイン~白ワイン&ロゼワイン編 2 May 2020 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。おすすめの赤は来週掲載予定だ。 レストランで食事をすることができない今、ワイン愛好家たちは自宅でワインを楽しむしかないが、多くのワイン小売店はそこに商機を見出している。 スーパーマーケットのワインの棚が空になっていると言う話も聞く一方、一握りの例外を除き、スーパーマーケットはそのワインの供給源をこれまでに大幅に減らしてきた... (続きを読む)

1  2  3  4  5