カテゴリ「Loir」の記事

長命でアルコールが低く食べ物との相性が良くリーズナブルなワインとは 10 Jun 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。以下に触れるワインについてはテイスティング・ノートも参照のこと。 コルク業界はワインを楽しめないレベルからとても飲めないレベルまで変えてしまうブショネの可能性を下げるために開発してきた新たな技術と製品に誇りを持っている。問題は熟成のピークにあるワインを楽しもうとした場合、コルクの品質にまだ大きな疑問が持たれていた時代(大雑把に言... (続きを読む)

ロワールのバトンは託された 18 Feb 2017 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。Can you afford to ignore the Loire?も参照のこと。 私が出会うほとんどのワイン消費者の間で今の時代を強く反映する精神と言えば、おそらくは完熟して力強いワインが流行した一時期の流れに反発する形で、アルコールが高すぎず、樽の香りを感じない、フレッシュで生き生きとしたワインを求める動きだろう。彼らはさら... (続きを読む)

素晴らしい価格の素晴らしい白 10 Dec 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 この12か月で私がテイスティングしたワインは8000を超えると思われる。その期間、ジャンシスロビンソンドットコムのテイスティング・ノートのデータベースに私が書いたのは6516件だ。ということは食事の際にテイスティングしたワインで記録をしていないものが数多くあるということである。昨年記事にしたすべてのワインのうち、2618件が白、... (続きを読む)

ワインの節約術 12 Mar 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。 中身が伴わないのに価格が高いワインに思いをはせるのは難しいことではないが、私はより楽しい話題、すなわち常に中身に対して安い価格が付けられているワインについて深く論じたいと思う。 ボルドーほど価格と品質の関係がわかりやすい地域がない、という点に異論はない。1級シャトーは高級ブランドとしての地位を確立することに成功し、我々のようなワイ... (続きを読む)

インタラクティブなロワール地図 22 Aug 2015 非常によくできたロワール・ヴァレーの地図が、ウォーキングやサイクリングの情報を提供するベル・フランス(Belle France)のウェブサイトのために作成された。ワールド・アトラス・オブ・ワインの第7版を使った彼らの「宿題」のできは上々とのことで、クリッカブルな地図は使いやすい。地域、アペラシオン、品種、ワインのスタイルで地図を検索することができ、有用な個別のワイナリーの情報の表示もできるし、上部... (続きを読む)

1