カテゴリ「Spain」の記事

ハーヴェイに何が起こったか  1 Oct 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。London's great sherry tasting と Sherry galore でのテイスティング・ノートも参照のこと。 言うまでもなく世界で最も独特なワインであり、アンダルシアのヘレスの街周辺のボデガだけで、独自の方法で作られるシェリーの近年の逆境はイリノイ州ディアフィールドに始まったと言えるかもしれない。 そ... (続きを読む)

トーレス~告知広告から生まれる生物多様性  18 Jun 2016 この記事のやや短いバージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。テイスティング・ノートも参照のこと。 ミゲル・A・トーレスは彼の地元、バルセロナの奥地にあるペネデスで作った 1970カベルネ・ソーヴィニヨンが 1979年のゴー・ミヨ・オリンピックでシャトー・ラ・ミッション・オーブリオン 1961やシャトー・ラトゥール 1970に勝利し世界で最も有名なワイン生産者となった。(一説にはフラン... (続きを読む)

ワインの節約術 12 Mar 2016 この記事の別バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。 中身が伴わないのに価格が高いワインに思いをはせるのは難しいことではないが、私はより楽しい話題、すなわち常に中身に対して安い価格が付けられているワインについて深く論じたいと思う。 ボルドーほど価格と品質の関係がわかりやすい地域がない、という点に異論はない。1級シャトーは高級ブランドとしての地位を確立することに成功し、我々のようなワイ... (続きを読む)

苦境に立つスペイン 6 Feb 2016 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズに掲載されている。 リオハで最も尊敬を集める生産者の一つ、アルタディは最近、リオハを名乗るのをやめると宣言した。このように世に広く知らしめる手段を取ったのはアルタディがワインを統制する組織であるコンセホ・レグラドールの規制が厳しすぎると考えたため(ヨーロッパのアペラシオンに対してよくある批判である)ではなく、コンセホの運営方法に抗議を表明する... (続きを読む)

テンプラニーリョの流行 11 Oct 2014 この記事のショート・バージョンはフィナンシャル・タイムズにも掲載されている。 先日アメリカの高級ワイン専門家をもてなしていた時のことである。彼女は拠点であるカリフォルニアからロンドンに来ており、我々はイソレ・エ・オレナ(Isole e Olena)の、ちょうどその力強さのピークにあると思われる1997チェッパレッロ(Cepparello)というクラシックなトスカーナをオーダーしたのだが、ウェイトレ... (続きを読む)

プリオラトはその価格に見合うのか~TT 11 Sep 2014 TT:木曜特別シリーズの意。最近の事例に関連のある過去の記事を再掲するコーナーです。 2014年9月11日 今日の木曜特別シリーズはカタルーニャで最も名高いワインについて2004年に掲載した記事を、火曜日に掲載された「プリオラトのパイオニア、25周年を祝う」というフェランの記事にちなんで再掲する。写真は有名なリコレリャ(llicorella-訳注:スレートと石英でできた土壌)に必死で根を張ろうとし... (続きを読む)

1